アナタが考える「ミネラルウォーター」と、大多数の人が思っている「娘」は、もしかしたらまるっきり違うのかも。そうやって想像すると、ちょっと不思議な感じがする。

アナタが考える「ミネラルウォーター」と、大多数の人が思っている「娘」は、もしかしたらまるっきり違うのかも。そうやって想像すると、ちょっと不思議な感じがする。

無邪気な好奇心にも価値がある

↑ページの先頭へ
枠上

目を閉じて話す姉ちゃんと冷たい肉まん

台湾人のビビアン・スーは、美人で努力家で素晴らしい人だと思う。
年が30代も後半なんて、まったく信じられない。
過去に見たテレビ番組で、印象に残っているのが、ビビアン・スーが、英語のインタビューに返答していた部分。
まだまだ学び始めたばかりみたいだったけれどとても熱心だった。
今頃英語だけでなく日本語だって、じゅうぶん話せるんじゃないかとみている。
ビビアンの素敵さは計り知れないくらいである。

風の強い日曜の昼にシャワーを
多少時間にゆとりが出来たので、HMVに足を運んだ。
新規でipodに挿入する音楽を見つけるため。
この夏、しょっちゅう楽しんだ曲が西野カナさん。
だいたい聞いているのは洋楽。
ヨーロッパのアーティストの作品もかっこいいなーと近頃思う。
なので、今回レンタルしたのはフレンチポップだ。
甘いボイスとフランス語の発音が似合うと思う。
枠下 枠上

薄暗い水曜の早朝に散歩を

ここ最近、料理の紹介で、マクドのナゲットの食感をまねしたレシピといって紹介していました。
めっちゃ似ていそうだと考えて、家内に作ってもらいましたが、マックチキンの食感では絶対にないけれど味わい深かったですね。
衣がほんの少し固かったけれど、中は、同じチキンなので、私程度ぐらいではわずかの違いは何とも思わずめちゃめちゃうまかったです。

風の無い大安の朝はシャワーを
テレビを眺めていたり繁華街に行くと綺麗だな〜と思える人はたくさんいる。
顔立ちは、標準的な美しさとは言えなくても、人目を引いたりオーラがあったり。
その人の雰囲気は、その人の内面かもしれない。
凄く大きいと思う。
私が惹かれるのは歌手の西野カナさんだ。
Mステを見て初めて質問を受けている姿を見た。
可愛い!と注目せずにいられない。
ふっくらしたほっぺに、スタイルも丁度いい感じ、淡い色がとても合うイメージ。
会話がほわんとしていて、方言もポイントが高い。
歌は割と聞いていたけれど、話している姿を見てもっと大好きになった。
枠下 枠上

風の無い木曜の夕暮れに足を伸ばして

出張営業に行くと、1週間ほど泊まり込む時がある。
その最中は、やる気はありだけれど、とても緊張しているので、ほとんど眠れない。
起床予定時間の相当前に、目が覚める。
しかし、終わった時の自由な感じはお気に入りだ。
狂ったように遊びまくるし、寝るし、しっかり食べる。

泣きながら走る兄さんと穴のあいた靴下
各都道府県には、多くの祭事が存在するようだ。
生で確認したことはないけれど大変よく知っているお祭りは、秩父夜祭で、別名、冬祭りがある。
圧倒されるような彫刻を彫った、笠鉾が2基と屋台が4基。
祭りの概要が分かる会館を観光したときに、写真や実際の大きさの屋台と笠鉾を見せてもらった。
師走の月に行われるので、冬祭りとも呼ぶみたいだ。
実際に見たい祭事の一つである。
秩父夜祭とは反対に、夏に行われるのは、福岡県福岡市のほうじょうえがあり、生きている者の命を奪う事を禁じる祭事。
昔は、この祭りの行われている間は、漁業もしてはいけなかったとの事。
伝統ある祭事も重要だが、私はりんごあめも同じく大好き。
枠下 枠上

薄暗い週末の早朝は想い出に浸る

バースデーに親友に貰ったこの香水、かなり強いフローラルの香り。
似合う香りをイメージしてチョイスしてくれたもので、ちっちゃい瓶でリボンがついていて可愛らしい。
雰囲気も入れ物も大げさに言っても華やかとは言えない商品だ。
ショップには多くの香水が並べられていたのだけど、目立たない場所に置いてあった商品。
形はほんとに小さい。
持ち運びやすく気に入っている。
外に出る時だけでなく、仕事のときも手提げの中に、家での仕事のときもそばに必ず置いている。
それで、手提げはどれもこの香り。
いつでもつけているので、つけていないときは、今日あの香りしないと言われる場合もたまにある。
店でたくさんの匂いを試すことは好きだが、この匂いが今までの中で最高に気に入ったものだ。

薄暗い休日の明け方はゆっくりと
人によって、好きなものや好みが存在すると思うが、それらを聞いてみるのが好き。
友達に問いかけてみたところ、金、スベスベの下着、恋人の事が好きとの事。
さらに、男の人の血管の出た手首。
それにドイツ語の響き。
私には不明。
りんごあめ、肌に直接ニット、軽い香水、ハイトーンヴォイスな女性が好きだと、話してみた。
正に意味不明だとの事だった。
まさにこれは、フェチという部類らしい。
枠下 枠上

無我夢中で熱弁する姉妹と花粉症

とある変わった内容の業務が舞い込んできたとき「大丈夫だろう」と考えていた新入社員の頃。
その時、自分を含むプロジェクトメンバーのみんなが「過ぎちゃえばなんてことないよ」など深く考えずに取り組んでいた。
見かねた教育担当の上司が言ったセリフが脳裏に残っている。
「成功に向かってじゅうぶんに時間をかけたからこそ、終わってから成功するだけの話。
それ故に、あなたたちみたいに簡単にとらえていて、偶然にも事が簡単だったという意味は含まれていません。
過ぎれば単純だったといった言葉の裏にあるのは、正反対です。
事前にしっかり取り組み準備を進めたからこそ能力が有り余って、業務がスムーズに進んだと言う事実を表しています。
精一杯やる気になりましたか?
なめてないで真剣に取り組んでください。」
という事。
この言葉があってから、私は頑張って勉強しじゅうぶん収めきることができた。

雲の無い木曜の夕暮れは散歩を
江國香織の話に登場するヒロインは、陰と陽を持っていると思う。
不倫をそこまで責めない。
だけど、心底好きなのは旦那さんだけのたった一人。
そんな女性が多々いるような気がしませんか。
旦那意外との恋愛を陰だと置くと、本命は陽。
たまに別人が入ったように陰が出てくる。
旦那意外との恋愛に関する考えはシカトして、その物語の女の人を凝視する。
自分の中にもう一つの恋愛観や価値観が現れることもありえる。
枠下
枠下
枠上

カテゴリ

枠下
Copyright (c) 2015 無邪気な好奇心にも価値がある All rights reserved.