毎日の日常の中で、「竜巻」のポジションって、どうなんだろう。どうでもいいって言えるだろうか。「経営者」は、君にとって何なんだろう。

毎日の日常の中で、「竜巻」のポジションって、どうなんだろう。どうでもいいって言えるだろうか。「経営者」は、君にとって何なんだろう。

無邪気な好奇心にも価値がある

↑ページの先頭へ
枠上

どしゃ降りの水曜の夕方はビールを

一年の中で、雨の続く梅雨の時期がなんとなく好きだ。
部屋はじめじめしているし、外出すると濡れてしまうけれど。
それは、子どもの頃、雨の日に咲いていた紫陽花が美しく、以来あじさいが咲くのを楽しみに待っている。
長崎で知り合った、シーボルトとお瀧の紫陽花逢瀬をご存じだろうか。
オランダ人に紛れ込んで男の子ドイツ人のシーボルトが、紫陽花を見ながら「お瀧さんにそっくりな花だ」と言う。
この時期に美しく咲くアジサイを見て何度も、お瀧さん、お瀧さんと口走った。
そのうち訛ってしまいアジサイは「おたくさ」という別名を持つようになったらしい。

どしゃ降りの大安の明け方は散歩を
盆だとしても生家から離れていたらとほとんど認識することがないが、少なくとも、仏前のお菓子くらいはと考え生家へ買って送った。
生家に暮らしていたら、香を持ち祖先の歓迎に出向いて、お盆やすみのラストに送りに行くのだが、別れて暮らしているので、そういうふうに遂行することもない。
近所の方々は、香を握りしめて墓前におもむいている。
そんな状況が目にとびこむ。
ふだんより墓前のあたりの道路には様々な車が路駐されていて、お参りの人もすごく多く目につく。
枠下 枠上

笑顔で跳ねる姉ちゃんと枯れた森

たいそう甘い食べ物が好みで、甘いお菓子などを自作します。
普通に自分でしゃかしゃか混ぜて、オーブンで焼いて作成していたのだけれども、ここ最近、ホームベーカリーで作成してみた、とっても手軽でした。
こどもにも食べてもらう、ニンジンを細かくして混ぜたり、かぼちゃを混ぜたり、栄養がとれるようにもしています。
甘味料が控えめでもニンジンや野菜自体の甘さがあることによって、好んで口にしてくれます。
ここ最近は、スイーツ男子という言葉もテレビであるからごくふつうだけれど、しかし、だいぶ昔は、甘いお菓子を作っているといったら不思議に思われることが多かったです。
近頃は、菓子作りをする男の子が増えたねと言われる。

どんよりした月曜の昼は料理を
知佳子はAさんの事が大好きなのだろう。
Aさんも知佳子の事を大事にしている。
Aさんが出張の時は、知佳子も必ず一緒だし、今回は私も一泊だけ同伴させてもらった。
知佳子もAさんも私を同じ呼び方で呼びかけるし、何かをするときは、まず私に聞いてくれる。
なにかしら可愛がってくれている感じがして非常に心地が良いと思った。
枠下 枠上

じめじめした休日の昼に座ったままで

「夕飯はカレーよ。」
少年は母親が言ったその言葉を耳にした途端、思わず笑みが浮かんだ。
少年は学校が終わって家に帰ってから、居間でダラダラとテレビを見ていた。
今日は西日が強い。
窓辺では風鈴がときおり鳴っていた。
TVでは、昔のなつかしアニメをやっていた。
今日は「一休さん」だ。
こんなにも聡明な坊主がいたら、学校のテストなんて満点だろうな、と少年は少し嫉妬を感じていた。
でも、台所からカレーのいい匂いが漂ってきたとき、少年はアニメのことなんて頭から飛んでいってしまった。

勢いで走る家族と横殴りの雪
カメラ自体、全く持って好きだけれど、またハマると言うくらい宝物なのがトイカメだ。
4000円持っていれば単純なトイカメラが簡単に持てるし、SDカードがあるならパソコンですぐ再現できる。
リアリティーや、感動の一瞬を撮るには、ピント調節ができるカメラが似合うと思う。
ところが、その空気や季節らしさを撮影するときには、トイカメには他のどれにも歯が立たないと熟考する。
枠下 枠上

ノリノリで踊る君と俺

太宰の斜陽の、ファンの私は、海沿いの安田屋旅館に行った。
一緒に文庫本が割と好きな親友。
その安田屋旅館は、彼がこの本の章の一部を執筆するために滞在した港町にある旅館。
とにかく歩くと、ミシミシと、響く。
見せてもらったのは、太宰が宿泊した二階の角部屋。
青々とした富士山が半分だけ、顔を出していた。
すぐそばの海の海面には生け簀があった。
三津浜は足を運んだ甲斐があり過ぎ。

具合悪そうに走る君と冷たい雨
このライカの一眼レフは、あまり大きな声では言えないけれど、海岸で見つけた物だ。
当日、7月の終わり頃で、中盤で、普段より暑く感じた。
みなとみらいで、大好きな彼女ともめてしまい、しばらく一緒にいたくないと言われてしまった。
気を取り直そうと、マンションからここまで走ってやってきて、波打ち際をのんびり散歩していた。
その時、少々砂をかぶったこの一眼レフに出会った。
持ち帰って、興味を持って夜景フォトを撮ってみた。
一眼の所有者より、良いラインでとれているかもしれないと思った。
恋人の笑った瞬間撮れたらなー、とか、思った以上にピント調節って難しいなー、とか心の中で思っていた。
明日あたり、なんとか会うことができたら、恋人に自分が悪かったと謝ろう。
で、この一眼、落とし主に届けよう。
枠下 枠上

蒸し暑い日曜の午後に外へ

あまり、テレビドラマは見ないほうだけど、近頃、それでも、生きていくをかかさず視聴している。
殺人犯側の親兄弟と被害者側の親兄弟が出会ってという流れで、ふつうに考えて起こるはずがない話の中身だと思う。
殺された小さな子の両親と兄達と加害者の両親と妹のどちらの家族も不幸なストーリーがえがかれている。
流れの中身は大変暗いと思うが、しかしその分、映像はきれいなようにされている。
花や緑や自然の映像が非常に多用されていて、牧歌的できれいな映像がとても多く使われている。
来週から、話がどうなっていくのか想像がつかないけれど、少しでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

涼しい金曜の晩に昔を懐かしむ
ある寒い日の午後、少年はママからおつかいをおねがいされ、はくさいとネギとぶた肉を買いにいく途中であった。
少年はほくそ笑んだ。
晩御飯はおなべだ!いやっほぅ!…と。
しかし、予想だにしない事が次の瞬間に起きた。
なんと、ズボンのポケットに入れていたはずのおつかいのためのお金2千円が、どこにも無いのだ!
少年はスーパーのレジに並んでいる時、大丈夫だよね、とポケットの中に手を入れて確認してみたのだ。
そして、その瞬間、お金がないことに気が付いたのだ。
怒る母親を想像しながら、少年はしかたなく手ぶらで家に帰ることにした。
今度からは、お金は靴の中か靴下の中に入れよう。
少年はこめかみを押さえながら、そう決心した。
枠下
枠下
枠上

カテゴリ

枠下
Copyright (c) 2015 無邪気な好奇心にも価値がある All rights reserved.